batak

batak

伊「カノニコ」で仕立てる。

P1170836

イタリア製の服地によるスーツやジャケットは、どうしても安価なイメージが付きまといがち。

しかし、内実はバンチ(服地見本帖)しだいで高級な英国製や日本製に比肩する服地を

探すことができます。伊「カノニコ/Canonico」はその典型かもしれません。

創業は1663年からというのはまさに驚きです。それだけに同社のアーカイヴは半端なものではありません。

300年という時間を超えてストックされた、アートのような服地が集録されています。

イタリアの服地というと耐久性やハリ・コシがイマイチな印象がおありかもしれませんが、

コレクションによってはヴィンテージ服地を彷彿とさせる逸品が散見されますので、

一概に切って捨てるにはもったいない存在です。そこで、当店では同社のバンチから厳選して

オススメの服地を店頭にご用意しております。その一例が、写真のお仕立て例です。

朝から夕までパリッとした雰囲気を維持してくれる強撚糸を4本束ねた〈4プライ〉。グレイのウインドウペイン。

春先をメインに着るなら2ピースを、より幅広い季節スパンで着るなら3ピースをお選びください。

ウエイトは春・秋・初冬までの着用スパンの長い390gです。ちなみに、「カノニコ」社はミラノの西北はスイス国境に近い、

山々が美しいプラトリヴェロに本拠を構えています

 

©2003 Nobel Note inc. All rights Reserved.
当ホームページに掲載している文章・写真について無断転載を禁じます。

Bespoke Tailor batak.