batak

batak

梅雨明けにリネンでスーツをつくる。

梅雨が明け、いよいよ本格的な夏がやって来るというので

batak House Cut本店 店長 川部が盛夏にふさわしい気取りのないリネン・スーツをご紹介いたします。

服地は、ブルーグレイのヘリンボーン柄。英「W.ビル」のお品です。

リラックスした雰囲気で着られるよう、パッチポケットにしております。

これは、涼感を追求するために裏地の面積を少なく取る7部仕立て(写真2)しているため、という理由もあります。

ボタンにもこだわりました。服地と同色のナットボタン(写真3)。椰子の実から削り出したこだわりのボタンです。

川部は、この服地色=ブルーグレイによる統一カラーの組み合わせにこだわり、

靴まで同系色でまとめています(これは当人の趣味なのでお客様にオススメするかどうか悩むところです)。

ちなみに、靴は「エドワード・グリーン」(写真4)ですが、ノーザンプトンの工場に併設されたSHOPで

購入してきたものだとか。リキ入ってます。そうそう、シャツもリネン・スーツに合わせて麻混の

生地、伊「グランディ&ルビネリ」(写真5)で仕立てております。麻づくし。徹底しています。

ブルーグレイのヘリンボーン 2ピーススーツ ハウスカットお仕立て¥135,000(税別)

ちなみにジャケットをお仕立てした場合¥95,000(税別)

写真2

写真2

写真3

写真3

写真4

写真4

写真5

写真5

川部さんひと言

©2003 Nobel Note inc. All rights Reserved.
当ホームページに掲載している文章・写真について無断転載を禁じます。

Bespoke Tailor batak.