batak

batak

味のあるホップサック

Exif_JPEG_PICTURE

 

今回はとっておきのスーツ地をご紹介します。

(英)「ホーランド&シェリー」のホップサックです。

ビンテージまではいきませんが、一昔前に織られた服地になります。

ホップサックと言えば、目が粗く粗野な風合いが特徴ですが

コチラは ラグジュアリー・ウーステッド・ホップサック とあるように

エレガントな風合いが魅力のホップサックになります。

さすが「ホーランド&シェリー」らしい上品な生地感です。

 

私も以前に当店が別注した「テーラー&ロッジ」のホップサックで

仕立てたスーツを愛用していますが、風合いがよく似ています。

一見するとホップサックやシャークなどは表情が無いように思えますが、

実は何とも言えない味のある雰囲気が大きな魅力です。

きれいに着こなすことで誠実な印象を与えるスーツ地です。

大阪店 工藤

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

(英)「ホーランド&シェリー」ホップサック グレー/330g

■ハウスカット 2ピーススーツお仕立て価格¥135,000+税

■ハウスカット 3ピーススーツお仕立て価格¥155,000+税

■ハウスカット・マスター 2ピーススーツお仕立て価格¥151,000+税

■ハウスカット・マスター 3ピーススーツお仕立て価格¥176,000+税

■ビスポーク・スタイルド 2ピーススーツお仕立て価格¥205,000+税

■ビスポーク・スタイルド 3ピーススーツお仕立て価格¥235,000+税

※仮縫い代は別途¥15,000~20,000+税

 

 

PS.メダルラッシュに沸くリオ五輪ですが、

時差12時間というのは、こっちの身が持ちません(笑)

今回の五輪は卓球とバドミントンにハマりましたねぇ。

特にバドミントンのタカマツペアの金メダルには感動しました。

3ゲームめの追い込まれてからの集中力たるや、凄かったですね。

今回の五輪を見てると “ゆとり世代の逆襲” を感じます。

これまで散々な言われ方をしてきた「ゆとり世代」ですが

ここ一番での度胸の良さ、メンタル面の強さを見せてくれています。

メダル獲得も必然のように感じてしまうほどです。

ゆとり、、、恐るべし。

 

 

©2003 Nobel Note inc. All rights Reserved.
当ホームページに掲載している文章・写真について無断転載を禁じます。

Bespoke Tailor batak.