batak

batak

採寸という仕事。

 

saisun

テーラーの店先やオーダー会でよく見かけられる採寸の様子があります。ビスポーク・テーラーならではの仕事っぷりを端的に表すシーンと言えるでしょうか。この「採寸」という作業、寸法を測っているように見えて、実は洋服づくりの設計工程であるということをご存知でしょうか。

batak House Cutの場合、採寸箇所は着丈、袖丈、肩幅、身幅はもちろん、肩傾斜やアームホールの付き方、反身・屈伸といったところ。トラウザーズについては股下や股上、全体のシルエットの変更、平尻・出尻、出腹、O脚補正まで、いわゆる巷のテーラーや百貨店がパターン・オーダーおよびイージー・オーダーと呼んでいる商品に比して、明らかに採寸箇所の多さがその特長です。

ではなぜここまで細かな採寸をするのか。“採寸が設計”と申し上げたように、お客様の身体形状を把握し、課題を発見し、それを解決することが本当の目的であり狙いなのです。そのためにはある一定の情報量が揃っていないと、モデリストやカッターにどんな洋服を作るかの指示ができません。袖丈のサイズが合っている、肩幅が合っている、ウエストが合っている・・というサイジングの情報は実は表層のデータなのです。

採寸から得たい情報の本丸は、注文される方の体型的な問題点や身体的特徴をいかに把握するかにあります。体型的な問題点と表現していますが、問題がないお客様など100%存在しません。理想的な体型に見えても、何かしら問題点を抱えているのが人間です。実はそれが「問題点ではなく、個性だ」と認識することから注文服づくりは始まります。

採寸をする仕事人を英語でフィッターと言いますが、洋服をお客様の身体にフィットさせることが仕事ではありません。課題山積の身体形状にそのままフィット(適合)させていたら、とんでもなく不格好な洋服ができてしまう可能性があるからです。フィッターが狙うのは体型的問題点を見つけ出し、補正し、“まるで理想の体型を持っているように”見せながら、それでいて快適な着心地を提供することにあります。腕のいいフィッターともなると、ひと目でお客様の修正・改善箇所を見つけ出し、基本となる設計図を頭の中で書き上げてしまいます。だから彼らにとって、寸法を測る作業はあくまでも確認作業でしかないのです。

©2003 Nobel Note inc. All rights Reserved.
当ホームページに掲載している文章・写真について無断転載を禁じます。

Bespoke Tailor batak.