batak

batak

目新しさなどありません。

1年でもっとも衣料品が売れる秋。アパレルと呼んでいる大手既製服業界では新奇性のある商品を服飾流通を通じて店頭に並べ、販売に攻勢をかけます。そこで問われるのは「今年のデザイン」だったり、「今季の色合い」だったり、生活者が買いたくなる理由づくりです。一方、テーラーの場合はどうでしょう。確かに新しい服地やアイテムなどが店頭に並びますが、それは去年と同じ服地の追加出荷だったり、何年も前にミルへ注文したストックだったり、変化もなければ新奇性を打ち出すものではありません。なぜならば、私たちは流行や新しいムーブメントを創り出す生業ではないからです。服のセンス、仕立てたい時期、色柄やカットなどを決めるのは「お客さま」なのです。これから秋が深まる時期に真夏のスーツをつくることにまったく異論はありません。また、10年来、まったく同じカットの濃紺のスーツでちょっとずつウエイトを変えながら注文し続けるお客さまにも対応できます。要はすべて「お客さまの都合」。開店以来、相も変わらず同じ服地を取り揃えておりますし、新しい服地にしてもネイビー、グレイ、ストライプ、チェックといったクラシックなものばかり。当店では「変化のない、変化」を追求しながら、いついかなる時でもお客さまが求める品質をご提供できるよう苦心しております。

さて、今回も目新しさこそありませんが、品質という尺度から見るとしごく斬新な服地をご紹介します。80番双糸スーパー100‘sのオリジナル「バタク・クロス」です。タテ糸の密度を一般的な服地(80番双糸は300g)の1.7倍(410g)とした、贅沢な糸使いが特徴。細番手ながら腰の強い服地に仕上がりました。滑らかでふっくらとした風合いが魅力です。

 

ブルーグレイ シャークスキン(410g)。ビジネス・スーツで普段グレイまたはネイビーをお選びの方、違和感なく使用できます。

チャコール・ヘリンボーン(410g)。ダークスーツとしてフォーマルでもビジネスでも幅広く使用できます。

グレイ・シャークスキン(410g)。フォーマルでもビジネスでも幅広く使用できます。

ネイビー  チョークストライプ(410g)。ストライプ柄というだけで敬遠される方もいらっしゃいますが、落ち着いて品格のあるクラッシックな服地です。体格の良い方にオススメします。

©2003 Nobel Note inc. All rights Reserved.
当ホームページに掲載している文章・写真について無断転載を禁じます。

Bespoke Tailor batak.