batak

batak

1日40mしか織れない。

英国ハダーズフィールドの南西、オールダムにある「ドブクロス村」。この地で1800年代の後半、すなわち産業革命の終わり頃に機械動力による織機が発明されました。村の名前を取って「ドブクロス」と名づけられた機械式織機です。1日で織り上げられる服地は約40m(現在の新鋭織機ですと、約240m/日)。そのたたずまいは、今となっては博物館に展示されるような古式ゆかしい鉄の塊。動くのが不思議なくらいの外観ながら、現在も世界で14台ほどが残存・稼働しているそうです。前時代的な性能ですが、時間をかけて緩いテンションで織り上げるため、弾性に富む豪奢な服地をつくることが可能です。フィニッシング工程が進歩した現在では、「ドブクロス」のような旧い織機で織った服地に近い質感を加工でつくり出すことができますが、着込んでゆくうちに「ドブクロス」製との差は顕著になってくると言われています。したがって、ヴィンテージ・クオリティの服地を支持する極めて少数の顧客層に対して、「ドブクロス」の服地は存在していると言って差しつかえありません。織りも糸もすべて英国内で生産。ミンクとカシミアを混紡した毛糸のみを使用。「膨らみ」、「弾力性」、「滑らかさ」のお手本となる品質です。ウエイトは軽やかなスリーシーズン対応の340g。織元はドブクロスでは有名な「ジョン・クーパー」です。

 

ネイビー/ツイル

ブルーグレイ/グレンチェック

グレイ/ヘリンボーン

ネイビー/ストライプ

グレイ/ピンストライプ

©2003 Nobel Note inc. All rights Reserved.
当ホームページに掲載している文章・写真について無断転載を禁じます。

Bespoke Tailor batak.