batak

batak

生地ではなく、服地と呼びたい。

台所の布巾(ふきん)も、お掃除の雑巾も、汗を拭く手ぬぐいも、その布地を私たちは「生地」と呼んでいます。英語で言うなら、「ファブリック/Fabric」。アメリカでは紳士服を含め布地すべてをそう呼ぶようですが、英国の一部のテーラーでは紳士服の場合、「クロス/Cloth」と呼ぶようで、たとえばソフトテーラリングの元祖「アンダーソン&シェパード」では頑なに「クロスズ/Cloths」と表記しています。そう、高級毛織物を当店では「服地」と呼んでいます。この英「ラバット・ミル」で織られたジャケット用のお品などはまさに「服地」と呼びたいツイードです。明るいシェパードチェック色柄からはカントリーの香りがほとんどしません。落ち葉が舞うパリの街並みが似合いそうなお洒落着のニュアンス。秋の訪れの前に仕立てて見ませんか。

シェパードチェック ツイード、ウエイト500g

ハウス・カットジャケットお仕立て¥85,000

ビスポーク・スタイルドジャケットお仕立て¥145,000

価格はすべて税別です。

©2003 Nobel Note inc. All rights Reserved.
当ホームページに掲載している文章・写真について無断転載を禁じます。

Bespoke Tailor batak.