batak

batak

鼻、よろこぶ。

鼻をかむために開発された専用ティッシュがありました。メーカー曰く、シルキータッチ。シルクのような肌触り、を目指しているわけですが、その物性目標がシルクのポケットチーフにあることは明々白々。かつては、胸ポケットに刺したシルク地のチーフで鼻をかんでいた時代があったからです。もちろん、それは現代でも十分通用するちょっと贅沢な所作かもしれません。典雅に見えて、シルクは意外と丈夫な生地ですので、昔の人は飾りではなく鼻をかむハンカチーフとしてこの素材の活用を思い付いたのでしょう。吸水性や速乾性に優れる木綿や麻に比べると実用性で見劣りがしますが、鼻にやさしいのは断然、シルクに軍配が上がります。英国は「デビッド・エバンス」のシルクウール・チーフ。エルメスのスカーフも素敵ですが、男性ならこちらをどうぞ。¥11,500(税別)

ヴィンテージ・ペイズリーのプリントが美しい。

©2003 Nobel Note inc. All rights Reserved.
当ホームページに掲載している文章・写真について無断転載を禁じます。

Bespoke Tailor batak.