batak

batak

デイリーに締めるボウタイ、新作入荷。

「えっ、ボウタイを普段するんですか」と驚かれる方もいらっしゃいますが、色柄物のボウタイを購入されている方が日本でも増えてきておりますアメリカの一部の地域を除けば、英国や欧州ではごく普通に着用されており、フォーマル以外のボウタイは決して珍しいものではありません。そもそもはクロアチア兵のスカーフ。それがフランスに飛び、クラヴァットが誕生。さらにはフォーインハンド(現代のシングルノット)へと様変わりする間にボウタイが生まれています。職業や地位と密接な関係があるネクタイであるためか、特定な人たち(大学教授や起業家、資産家など)に愛用されている状況をしばしば目にすることもあるはず。一般の方にはビジネスユースではないネクタイとして、気分を変える時の効果的なアイテムに利用されています。今冬の第一弾として新作プリント柄の「デビッド・エバンス」(シルク100%)、ジャカード織りの新作「バーナーズ」(シルク100%)が店頭に入荷しております。ちなみに、フォーマル以外のボウタイをこれだけ品揃えしているショップをバタク以外で見つけることはおそらく難しいかもしれません。

 

 

©2003 Nobel Note inc. All rights Reserved.
当ホームページに掲載している文章・写真について無断転載を禁じます。

Bespoke Tailor batak.