batak

batak

日本のビジネスマンにこそ。

             

映画作品に登場する奇妙なカクテル・カフスではありません。ターン・バック、ボンド・カフスなどとも呼ばれている変則的なカフスですが、この一風変わった袖が、初期ボンド映画ではジェームズ・ボンドのアイコンのように扱われていました。この変わったデザインにはどんな意味や目的があったのでしょうか。60年代当時、英国では化学繊維による新素材が火付け役となり、ビジネスユースのアイテムが数多く出回るようになりました。海外渡航や長期出張も頻繁に行われるようになったのでしょう。同時に旅行用の服装品も増えつつありました。ボンド映画で有名な変形カフスも、実はこの流れの中で生まれたデザイン・カフスのひとつだったのです。目的は明快でした。旅先やビジネス出張先ではダブル・カフス着用時に使うカフリンクスを紛失したり、落としたり、と不便を被ることが多く、その現代的な解決方法がこのカクテル・カフスだったわけです。その証拠に、初期のボンド作品において旅先のシーンでは必ず変形カフスをチョイスしています。シャツカフスのデザインについてはロンドンの「ターンブル&アッサー」が手掛けたと喧伝されていますが、ボンド映画以前は別のシャツメーカーによるもので、俳優のデビッド・ニーブンが着用しており、それを忠実にリメイクしたようです。

Photo by FROM TAILORS WITH LOVE  Peter Brooker/Matt Paiser

©2003 Nobel Note inc. All rights Reserved.
当ホームページに掲載している文章・写真について無断転載を禁じます。

Bespoke Tailor batak.