batak Blogs Archives

batak Blog » 2016の記事一覧

大阪店、2016年の備忘録。

2016年12月31日

2016年もまもなく終わろうとしています。月並みな言い方ですが、あっという間に過ぎた1年でした。皆様にとって今年はどのような1年だったでしょうか。振り返ると、国内・国外で...
more >>

冬にはフランネルが、良く似合う(3)。

2016年12月30日

フランネルで仕立てたスーツとしては“グレイ・フラノ”がスタンダードですね。“大人のための、大人のスーツ”として長い間、多くのエグゼクティブたちに着用されたアイテムです。冬...
more >>

ダーク・スーツを、フォーマルで着る。

2016年12月29日

ダークグレイ>チャコールグレイ>ミッドナイト。これがいわゆる「ダーク・スーツ」の範疇であると考えております。左から右に行くほど、礼服度が強まるとお考えください。そもそも「...
more >>

冬にはフランネルが、良く似合う(2)。

2016年12月28日

先回、ご紹介しました英「フォックス・ブラザーズ」のフランネルに次ぐか、あるいはコスパなら圧倒的というのが当店のオリジナル・フランネルです。毛織物の産地「尾州」において低速...
more >>

今日は何とっ!?

2016年12月27日

たまたまですが、今朝はいつもより早く目が覚めたので、メロンパンを片手に何となくスマホで12月27日生まれの有名人を調べておりました。←朝から何しとるん?これが意外とビック...
more >>

今冬は、カバート・クロスで行こう。

2016年12月27日

コートにはもちろん、スーツやジャケットにも適応性がいい「カバート・クロス」。当店が英国は「ラバット・ミル」に特別注文したお品です。一昨年くらいから、カバート・コートはよく...
more >>

手袋は、殺し屋の道具?

2016年12月26日

シドニー・ポラック監督の「コンドル」という映画がありました。旧い映画ですみません。この映画、ロバート・レッドフォード主演のポリティカル・サスペンスで、彼が演じるCIAの書...
more >>

Reborn、再生。

2016年12月21日

3枚とも私のシャツです。新たに仕立てたモノではなく、リペアから上がってきたモノです。どれも4~6年ほど着用しています。さすがに襟とカフスが痛んできたので、襟&カフ...
more >>

ハンドプリントのぬくもりを。

2016年12月19日

英国でハンドプリントのシルク製品といえば、当店でお馴染みの「デビッド・エバンス」。同社の傘下となって営業しているのが、英「アダムリー」。ですのでブランド名は「アダムリー」...
more >>

バンチと店頭在庫服地。

2016年12月18日

服地見本帖のことを「バンチ/Bunch」と呼ぶのはご存知の通り。服地を帳面サイズにカットして束ね、あるテーマにしたがってそれらのバリエーションが一目できるように編纂したも...
more >>

経済とビスポーク。

2016年12月13日

「金融関係に従事している人たちが、スーツを新たにオーダーし始めたら景気が良くなっている証拠だ」と言われて来た英国はロンドン。ロンドンと言えば、シティと呼ばれる欧州地域の金...
more >>

世界でも当店だけ。batak’sダブル・クロス。

2016年12月11日

バタクでは、「ダブル・クロス」を強くオススメしております。なかでもスーパー100'sの「ダブル・クロス」は、世界でも当店ぐらいしか手がけていません。 80双糸を使い...
more >>

「リーズナブル」と「ハイクオリティ」。

2016年12月10日

最近何やら、「果物」と「ペン」を組み合わせたユニークな芸が世界的に注目を集めているみたいですね。このご時世、何がヒットするのか分からない。これは小売り業界でも同じ事が言え...
more >>

シャツのオーダー ~応用編~

2016年12月09日

私が自分用にオーダーしたシャツが仕上がってきました。コチラです。 この画像を見て「おや?」と思った方、なかなか鋭いですね。では、もっと近くに寄ってみます。 ...
more >>

冬にはフランネルが、良く似合う(1)。

2016年12月07日

一般的なスーツ地といえば、ウーステッドと呼んでいる梳毛毛織。一方、スーツ地としては定番ながらマイナーな存在といえるのが紡毛毛織り(ツイードと同じカテゴリー)のフランネルで...
more >>

コートにもスーツにも行けます。最強ウエイト990g

2016年12月05日

キーパーズ・ツイードといえば、バタク/バタク ハウス・カットの冬の定番です。世界最重量にして、世界最堅牢。凍てつく領地で狩猟を行う際に、見張り番(ゲームキーパー)が着たこ...
more >>

ブレザーは、何着でもネイビーを。

2016年12月03日

冬のブレザーはいかがでしょうか。スポーツ・ウエアの範疇に入る普遍的なアイテムです。基本は休日着ですが、今やビジネス・ウエアとしても成立しており、ジャケット&トラウザーズで...
more >>

シャツ・オーダーもお忘れなく。

2016年12月01日

当店のシャツ・オーダーには3種のバリエーションがございます。¥14,000からの「ハウス・カット」、¥16,000からの「ハウス・カット マスター」、¥20,000からの...
more >>

フランネルが“大”好きです。

2016年12月01日

今年も早いもので残すこと一か月となりましたね。皆様、ご無沙汰でございます。今回は私事で恐縮ですが、ようやくフランネルの3PCスーツが完成しましたので、そのご報告をさせて頂...
more >>

男の話題は、煙の中へ。

2016年11月27日

昔々、ヨーロッパの上流階級に属する男性諸氏は、食事が終わると男だけの会話を楽しんでいたと言います。話題は淑女の方々には聞かせられないようなものばかり。テーブルの上には諸国...
more >>

晩秋。

2016年11月24日

京都・永観堂に行ってきました。 息をのむほどの美しさです。 幻想的ですね。 東山「ソウドウ」でイタリアンをいただきました。 四季がある...
more >>

はじめてのコート・オーダー。

2016年11月22日

スーツはよく注文しているが、コートは既製品で十分・・・とお考えでしたら是非再考していただきたいと思います。既製品のコートとさほど変わらないご予算でビスポークのディフュージ...
more >>

かつては、高級将校しか着られなかった。

2016年11月17日

テーラーでありながら、バタクではトレンチ・コートを企画・生産・販売しています。歴史のあるこのコートは、言わずと知れたイギリス・フランス軍の軍装支給品で、その歴史や製造元に...
more >>

バルカラー・コートは、もっとクラシカルに。

2016年11月14日

11月より、バルカラー・コートが新しくなりました。型紙をイチから見直し、Aラインをさらに強調したよりクラシカルなフォルムに変更しています。コート地については、従来のオーダ...
more >>

フランネルが好きです。

2016年11月08日

この頃はすっかりと秋の深まりを感じられ、厚手の服地でのご注文が増えてまいりました。その流れに便乗して?(笑)この度自分用としてフランネルの3ピース・スーツを注文した次第で...
more >>

ツイードですが、スーツ向き?

2016年11月08日

先日、あるお客様がこんなことをおっしゃっていました。 「真冬にも着られる厚いツィードでスーツを仕立てたいけど、いかにもカントリー好きでマニアックな人に見られないよう...
more >>

3年目の、ホームスパン。

2016年11月06日

やっぱり季節感のある装いは気持ちが高揚しますね。肌寒くなった昨今、大好きなホームスパンのスーツを着用しています。仕立ててから今年で3年目です。1年目と比べたら "...
more >>

新しいカットで登場、新作チェスター・フィールド コート。

2016年10月31日

19世紀に英国で誕生しましたチェスター・フィ-ルド コ-ト。元来は、上衿はベルベットでフロント釦は比翼仕立て(隠し釦)と、もっともドレッシーなスタイルですが、昨今では、さ...
more >>

野性味なら、このツイード。

2016年10月30日

  10月も末になり、朝晩少し寒いなと感じるようになりました。我々の装いも秋冬物にシフトし、気温によってはツィードのスリーピースを着ています。そろそろ、冬...
more >>

ラムズ・ゴールデンベイルの価値。

2016年10月29日

英国はハダーズフィールドにあるジョセフ・ラム の紡績工場。 当店のブログでも度々登場する「ラムズ・ゴールデンベイル/Lumb’s Golden Bale」。オース...
more >>

白シャツの美学。

2016年10月29日

すっかりお馴染みのクール・ビズ、ウォーム・ビズの影響もあってなのでしょうか。近年は季節に関係なくオフィスのカジュアル化が進んでいます。いつの間にかビジネスマンの戦闘服がス...
more >>

御苑前の風物詩。

2016年10月25日

写真は、御苑前の並木道を行き交う「かわいい散歩の常連さん」たちです。それは、まさに新宿御苑前の風物詩。御苑といえば、春の花見、夏は祭り神輿が練り歩き、秋は紅葉、冬の雪景色...
more >>

秋高く馬肥ゆ。

2016年10月24日

関西も秋が深まって参りました。毎年この季節に小旅行に出かけているのですが、今年はどこに行こうか絶賛思案中です。関西・近畿は見どころがたくさんありますからね。ちなみに昨年は...
more >>

塹壕に潜らなくても、潜っても(後篇)。

2016年10月17日

「塹壕に潜らなくても、潜っても」の後編は足元にかけての意匠についてです。 保温だけでなく、袖口から冷気・風雨の侵入を妨げるストラップ。腰のストーム・ポケットもフタ...
more >>

塹壕に潜らなくても、潜っても(前篇)。

2016年10月17日

トレンチコートにお馴染みでない方の印象は、「何か大げさじゃないの」「私にはハードルが高い」「石原軍団みたい!(盛り土レスじゃない方。弟)」ですとか、総じて、私にはちょっと...
more >>

オッドベストのご紹介。

2016年10月16日

洋服好きを自負されている方であれば共感いただけるはずですが、季節が深まるにつれて物欲というものは増幅していきます。「メインとなるアイテムは先にゲットしたものの、何か物足り...
more >>

ヴィンテージ品質は、ヴィンテージ織機から生まれる。

2016年10月13日

50年以上前に仕立てられた古着のビスポーク・スーツやジャケットを手に取ると、独特の柔らかな風合いやハリのある活き活きとした服地の生命力を感じることがあります。そんなヴィン...
more >>

大阪店よりお仕立て上がりのご紹介。

2016年10月10日

大阪店よりお客様のお仕立て上がりをご紹介します。 お選びいただいた服地はカシミヤ100%のバーリーコーン(麦粒柄)。以前の大阪ブログでご紹介した服地です。服地の詳細...
more >>

これであなたも映画の主人公〜ブレイシーズ編〜。

2016年10月09日

ブレイシーズを身につけた映画の主人公といえば?・・・ ゴードン・ゲッコーが思わず浮かんだ方、結構いますよね(笑) 映画「ウォール街」のマイケル・ダグラス演じる...
more >>

採寸という仕事。

2016年10月08日

  テーラーの店先やオーダー会でよく見かけられる採寸の様子があります。ビスポーク・テーラーならではの仕事っぷりを端的に表すシーンと言えるでしょうか...
more >>

~オスプレイ~ 美意識高きツイード地。

2016年10月05日

今回は大阪店より、綺麗目なツイード地をご紹介いたします。 batak別注  英「ラバット・ミル」OSPREY (オスプレイ)/千鳥格子。ネイビー×ホワイトの...
more >>

当店自慢のしっかりモノです。

2016年10月01日

  いきなりの“どアップ”で失礼しました。今回ご紹介させていただく服地はbatak別注  英「Savile clifford」ネイビー・ホップサッ...
more >>

batak cloth No.2。

2016年09月27日

スーパー90'sのニューファイン・メリノウールにタスマニア・ウールをブレンディングした、ウエイト330gのもっとも実用的な3シーズン服地のご紹介です。このお品の魅力をひと...
more >>

ミルとマーチャント。

2016年09月27日

毛織物服地を生産・供給している業態は大きく2つに分類されます。ひとつが、織物工場である「ミル/Mill」。もうひとつが、生地商と呼ばれる「マーチャント/Merchant」...
more >>

衝撃の時代劇。

2016年09月23日

batak Blogでは、これまでに映画に関する情報や感想をお届けさせて頂いてますがまたまた私は名作と出逢う事ができました。それは・・・ 「人情紙風船」1937年...
more >>

Fukuoka Newsブログはインフォメーション・ブログに移行しました。

2016年09月22日

本日、9月22日よりFukuoka BlogはInformation Blogへ移行しました。ブックマークに設定されているお客様は、ご面倒ですが新たな情報ブログで...
more >>

g/mの物語。

2016年09月22日

服地選びの際にそのスペックとして取り沙汰されるものに「ウエイト」があります。そう、服地の重量です。指標となる数値は、150cm幅服地1メーターあたり重さをg(グラム)...
more >>

ハリスだよっ!全員集合!

2016年09月17日

オイーッス!←長さんでということで(笑)皆様、大変お待たせしました。ハリス・ツイードの新作バンチが入荷しました。 お好きな方、間違いなく気分が高揚してきますよ♪早速...
more >>

仕立て上がり抜群の服地あります!

2016年09月09日

今日は福岡店限定の耳寄りな服地のご紹介です。CAVENDISH(キャベンディッシュ)のsuper130’s(スーパー130)の服地です。服地屋さんのオススメで実際サンプル...
more >>

成人式のスーツ

2016年09月05日

早いもの9月になりました。 昨夜の台風は穏やかに無事過ぎ去っていきましたね。 ニュースを見てるとすごい台風がくるんだと、かなり警戒してしまってやや肩すかしでし...
more >>

汗をかくことだけがスポーツ、ではない。

2016年09月01日

ツイード・ウエアに関連して、スポーツ・ツイードやスポーツ・ジャケットという言葉が散見されます。まあ、そう表現されるように、時代を遡ればゲーム・ハンティングやゲーム・フィッ...
more >>

今冬の景気はどうでしょう。

2016年08月28日

外套のような重衣料は、その冬の温度とは関係なく売れ行きが変化すると言われています。つまり、暖冬であろうが厳しい冬であろうが、気温はそれほど影響しないというわけです。では何...
more >>

タイムマシンにお願い。「ドブクロス」

2016年08月23日

英国ハダーズフィールドの南西、オールダムにある「ドブクロス村」。この地で1800年代の後半、 すなわち産業革命の終わり頃に機械動力による織機が発明されています。「ド...
more >>

味のあるホップサック

2016年08月20日

  今回はとっておきのスーツ地をご紹介します。 (英)「ホーランド&シェリー」のホップサックです。 ビンテージまではいきませんが、一昔...
more >>

カリビアン・ナイト、あなたは何を着る?

2016年08月19日

ジャマイカやバージン諸島を抱えるカリブ海には、かつてさヨーロッパのまざまな国が植民地を 領有していました。イギリスはもちろん、フランス、スペイン、アメリカなども領地を確...
more >>

お盆休みにはぜひ!!

2016年08月12日

私は暇さえ有れば、よく映画をDVD鑑賞するのですが やはり一番のお気に入りは、松竹映画「男はつらいよ」シリーズです。 言わずと知れた、山田洋次監督の国民的人気...
more >>

Silent Blog

2016年08月11日

              ...
more >>

涼を求めて三千院

2016年08月10日

暦の上では「立秋」を過ぎましたが そんなことはお構いなしに毎日ホントに暑いですね。 情けないことに私は夏バテ気味なので こりゃ、いかん! パワースポットに出かけて...
more >>

「テーラー & ロッジ」希少高級服地、各色1点モノ。

2016年08月06日

英「テーラー & ロッジ」の中でも希少品に分類されるハーフ&ハーフの服地が手に入りました。 何が“ハーフ&ハーフ”かと申しますと、タテ糸にスーパー150'sの超細番手ウ...
more >>

アルバート サーストン、入荷しました。

2016年08月03日

英国製「アルバート サーストン」のブレイシーズが入荷してきました。今なら豊富に色柄が揃っています。この機会に買い足しされることをおススメします。英国製「アルバート サース...
more >>

オリジナルポーラ、いよいよ残り少なくなりました。

2016年08月01日

今夏に際しご用意しておりました2plyポーラ服地がいよいよ残り少なくなりました。 ポーラ服地とは強撚糸を撚り合わせたドライタッチの多孔性平織りを指します。 目の粗い多...
more >>

川部の英国訪問記。

2016年08月01日

ニュース・ブログの7月25日に掲載しておりますブルーグレイのシューズ。はい、こちらで購入しました。 ロンドンから列車で約2時間。ノーザンプトンの街に降り立ち、まっ先に向...
more >>

GUEST Snap Vol.4 腕時計偏

2016年07月29日

ゲストスナップの第4弾は前回に続いて腕時計です。 ヴィンテージ率高いです。 シンプルかつクラシックな装いにはシンプルなドレスウォッチがよく合います。 シ...
more >>

梅雨明けにリネンでスーツをつくる。

2016年07月25日

梅雨が明け、いよいよ本格的な夏がやって来るというので batak House Cut本店 店長 川部が盛夏にふさわしい気取りのないリネン・スーツをご紹介いたします。 ...
more >>

採寸用ゲージクリアランス/ビッグサイズあります。

2016年07月21日

採寸時にご試着いただいておりますゲージ用サンプルのスーツですが、 秋のカット・リニューアルに際してクリアランス処分しております。 お買い得価格にてご提供させていただい...
more >>

お客様のお仕立て例。

2016年07月19日

高温多湿の日々が続き、関東は降雨量も少なく今夏はどうなることやらと心配しております。 そんな盛夏を前にして続々、清涼なアイリッシュ・リネンやモヘアを使用した お客...
more >>

スタアの装い?

2016年07月18日

プロ野球のオールスターゲームも終わり いよいよ本格的なサマーシーズンに突入するなか ここ大阪店では、何やらこんな会話が・・・。   工藤...
more >>

夏物もまだまだ大歓迎です!

2016年07月16日

真夏日、猛暑日を記録し続ける関西の夏を 初めて体験して、早くも夏バテ気味の私ですが 皆様いかがお過ごしでしょうか?   ここにきて、夏物...
more >>

特選「テーラー & ロッジ」。

2016年07月15日

▇ 商品名:英「テーラー & ロッジ」の〈ラムズ・ゴールデンベイル〉および〈スーパー120'sウールカシミア〉 ▇ 素材構成:〈ラムズ・ゴールデンベイル〉ウール100%...
more >>

お客様のお仕立て例。

2016年07月14日

常連のお客様が今年の盛夏用にとお仕立てになられた3ピース・スーツです。採寸・お仕立てオーダーは「ハウス・カット」で batak House Cut 本店をご利用くだ...
more >>

お客様のお仕立て例。

2016年07月11日

この麻服地は非常に珍しい色合いで、かなりの洋服通でないとなかなか手を出せませんね。 お仕立てになられたお客様は銀座など都内数カ所で小売業を営んでいらっしゃる当店常連...
more >>

キング・オブ・コート

2016年07月09日

"キング・オブ・スポーツ"の象徴といえば世界中の誰もがあのライオンマークを 思い浮かべると思いますが(笑) "キング・オブ・コート"と言えばトレンチコートしか...
more >>

お客様のお仕立て例ーbatak Nakadera

2016年07月09日

リピーターのお客様(写真)からご注文いただいたお仕立て例です。お仕立てオーダーは完全ビスポークの 「batak Nakadera」。1950年代後半のサックスーツを...
more >>

UK審判の日、川部は。

2016年07月08日

UKがEU離脱か残留かを問うた歴史的な日に、「batak House Cut本店」店長・川部は ご当地ロンドンにおりました。情報収集等の仕事とお客様随行が主なミッシ...
more >>

batak カリビアン・シャツ、追加生産・入荷。

2016年07月08日

ご好評をいただいております、当店オリジナルのカリビアン・シャツ。サイズによっては品薄でしたが、お客さまからのご要望にお応えして追加生産・入荷しております。当店がオリジ...
more >>

2016AW オリジナル・トレンチコート先行販売開始!

2016年07月07日

灼熱の夏 ギラギラの夏 メラメラの夏・・・ 梅雨明けしたも同然の猛暑日が続く関西ですが 大阪店では連日ツイードやフランネルの冬物服地でご注文をいた...
more >>

「メンズ・プレシャス」最新号に掲載。

2016年07月07日

  [caption id="attachment_1787" align="alignnone" width="705"] メンズ・プレシャス増刊号[/...
more >>

特別クリアランス、英「スペンス・ブライソン」のリネン。

2016年07月07日

アイリッシュ・リネンを代表する英「スペンス・ブライソン」オーダーのクリアランス情報です。 リネン・スーツおよびジャケットをお得なお値段でお仕立ていただけます。 ご用意...
more >>

長澤の憧れ [Raffles Hotel]

2016年06月16日

ラッフルズホテル 1887年開業のシンガポール最高級のホテル。 コロニアル様式の建築からは、旧き良き欧米の気品が伝わってくる。   ...
more >>

はじまっています。秋冬の「ビスポーク・スタイルド」。

2016年06月16日

  「これからが盛夏なのに、なぜ秋冬のオーダー?」。と怪訝な顔をされるお客様もいらっしゃいますが、実は盛夏前〜盛夏こそが秋冬服の「ビスポーク・スタイルド」...
more >>

神の手を持つ男

2016年06月14日

今回の大阪ブログは私が自信を持ってお勧めするお店のご紹介。 私は靴が好きなので自分で磨くこともありますが お店にお願いすることも多々あります。 これまで...
more >>

スペシャルクリアランス「テーラー&ロッジ」の〈クールブリーズ〉。

2016年06月12日

前回に引き続き、英「テーラー&ロッジ」の在庫一掃クリアランス・オーダ—をご紹介。 20年以上前の復刻版で、コレクション名は〈クール・ブリーズ/Cool Breeze...
more >>

続・スタッフが仕立ててみました〈ヴィンテージ・リネン〉。

2016年06月12日

店頭のスタッフが、品質や仕立て映えを確かめるために仕立ててみたお品をご紹介いたします。 前回に引き続きbatakのスタッフ(今回は企画・購買の長谷川)が仕立てて見たのは...
more >>

GUEST Snap Vol.3 腕時計編

2016年06月10日

ゲストスナップの第3弾はお客様ご愛用の腕時計をご紹介します。 どれもこだわりの逸品ばかりです。 腕時計もトータルコーディネイトの大事なアイテムです。 撮...
more >>

スタッフが仕立ててみました〈アイリッシュ・リネン〉。

2016年06月09日

店頭のスタッフが、品質や仕立て映えを確かめるために仕立ててみたお品をご紹介いたします。batak House Cut 本店の店長 川部が仕立てて見たのはアイリッシュ・リネ...
more >>

長澤の憧れ [俳優編]

2016年06月09日

昭和を代表する銀幕のスター 佐分利信。   「帰郷」「慟哭」「お茶漬けの味」「彼岸花」etc 数多くの名作で独特の存在感を示してきた。 ...
more >>

お客様のお仕立て例。

2016年06月08日

夏に向けてお客様がお仕立てになったスーツ&ジャケットをご紹介します。多くは2〜3月頃にご注文いただきました ビスポーク・スタイルド(日比谷の工房で職人が手作業で仕立...
more >>

梅雨に快適、ウール×ポリのトラウザーズ。

2016年06月07日

いよいよ梅雨の季節です。ジメジメ・ムシムシで、肌にまとわりつく素材が最高に不快と感じる日々の到来。 出張旅行に使われるウール・ポリエステル混の服地(〈トラベル〉等の...
more >>

透けないボイル地のシャツ・オーダ—。

2016年06月07日

夏場のシャツは通勤時などではアウター・ウエアとなります。時に、薄手だったり白地だったりすると 肌が透けてしまうことが多々あります。多くのお客様はコレが気になるとおっ...
more >>

伊「グランディ&ルビネリ」のコットン・リネン シャツ・オーダー。

2016年06月07日

涼感がありながら、汗を吸いドライな肌感で着用できるのがコットン・リネン地の特長です。 通勤、オフィスワーク、商談時のスーツとの組み合わせなど、夏場のオフィス・ウエアとし...
more >>

大阪夏の陣、コットンスーツ対決!

2016年06月06日

これから迎える夏を前に大阪店では工藤と長澤の対決姿勢が表面化している。 工藤は「この夏は久しぶりにコットンスーツを着用しよう」と 早くからイメージが出来上がっ...
more >>

夏のジャケット、仕立て上がり。

2016年05月25日

夏場に着るジャケットとしてお客様よりご注文いただいておりましたお品が 店頭に仕立て上がってきましたのでご紹介いたします。 [caption id="attac...
more >>

工藤、生業について考える

2016年05月23日

本日の大阪ブログは朝ドラ「とと姉ちゃん」風のタイトルですが、 ここ最近「生業:なりわい」について考えることが多い私、工藤です。   昨年、古舘...
more >>

英「ダグデイル・ブラザース」の新バンチ「サマー・クラシック」から。

2016年05月19日

英国ハダーズフィールドで「ジョン・フォスター」や「ジョン・G・ハーディ」「トーマス・フィッシャー」などを 抱えるマーチャントとして操業しております「ダグデイル・ブラ...
more >>

ジャケット・オーダ—、インポート服地のお買い得。

2016年05月18日

350年の歴史を持つイタリアの服地ブランド「カノニコ/CANONICO」。審美的なテキスタイルを得意とするイタリアにあって 英国のような芯のある服地づくりが同社の特...
more >>

食の台所、大阪のおススメ飯

2016年05月17日

私は食べることが大好きでジャンルも偏ることなく 気が置けない人と食事することが至福のひと時です。   私が住む尼崎の武庫之荘(ムコノソウ)を中...
more >>

伊「カノニコ」で仕立てる。

2016年05月16日

イタリア製の服地によるスーツやジャケットは、どうしても安価なイメージが付きまといがち。 しかし、内実はバンチ(服地見本帖)しだいで高級な英国製や日本製に比肩する服地...
more >>

夏にはやっぱり、メッシュ!メッシュ!メッシュ!

2016年05月15日

すっかりと定着しました。夏の定番、batakオリジナルのメッシュ服地。実にクールでエレガントな佇まい・・・。 ※写真の男の事ではございません(汗)私は、この...
more >>

今年のハリソンズ「イカロス/ICARUS」は美しい。

2016年05月15日

冷房の効いた部屋でオフを過ごすときに好都合なのが、サマーファブリックで仕立てたジャケットです。 避暑地などで着るには最高のジャケット用高級素材を揃えているのが 英...
more >>

DRESS WELLを考える

2016年05月14日

DRESS WELL または、 WELL DRESS 昨年からよく耳にする言葉です。   着こなしが上手、 身なりが良い、 ...
more >>

真夏のウィークエンド・ジャケッティング。

2016年05月14日

英「スコフィールド&スミス/Schofield & Smith」と言えば、映画「007 ゴールデンアイ」で ピアス・ブロスナンが着たネイビーのスーツ服地で有...
more >>

batak House Cut本店店長 川部が〈Dress up Men〉に出演。

2016年05月13日

文化としての男のお洒落・ライフスタイルを提案しているサイト「DRESS up Men」。 「大人の男の『粋』や『伊達』を身につける」をテーマに展開しているこ...
more >>

長澤のイチオシ服地

2016年05月12日

  大阪ブログをご覧の皆様、はじめまして長澤です。 今回は、私のオススメ生地をご紹介いたします。   写真のbatak...
more >>

GUEST Snap Vol.2 靴編

2016年05月11日

前回のGUEST Snap Vol.1 靴編に続いて 今回もお客様ご愛用の靴をご紹介いたします。 足元はコーディネイトの要です。 コーディネイトの参考に...
more >>

batak カリビアン・シャツ、追加生産・入荷。

2016年05月11日

ご好評をいただいております、当店オリジナルのカリビアン・シャツ。サイズによっては品薄でしたが、 お客さまからのご要望にお応えして追加生産・入荷しております。当店がオリジ...
more >>

画と音楽の秘めたチカラ

2016年05月10日

ゴールデンウイークも終わりましたが 皆様はどのような休暇を過ごされたでしょうか。 私は京都までモネ展を見てきました。     モネ展が開催さ...
more >>

シルク系チーフをお揃えしております。

2016年05月10日

胸元を飾るチーフは、本来、鼻をかんだり、手を拭いたり、汗を拭ったりする用途に使う いわば消耗品のようなものでした。もちろん、現在でもそのような実用品として使っていただい...
more >>

サマージャケットを「ラモージ」で仕立てる。

2016年04月28日

英国で操業している小規模マーチャントの中で、異色の存在と言えるのが「ラモージ」です。 同社の魅力はコストパフォーマンスが非常に高いこと。そして、その社名&ブランド名...
more >>

オーダーだとまるで違う、コットン・トラウザーズ。

2016年04月28日

いわゆる日常で穿くコットン・トラウザーズ(コットン・パンツ)にお金をかけるのは馬鹿らしい、とお思いの方。 一度オーダーしてみてください。それが偏見であることを痛いほど認...
more >>

駐車場できました。

2016年04月22日

今日の福岡は晴天。 外は歩くと汗ばむくらいの気候です。もう初夏を感じますね。 私も慌てて薄手のジャケット等オーダーしました。 お客様の服地選びをしていると自分も欲し...
more >>

Pray for Kumamoto

2016年04月21日

熊本県を震源とする地震により、 なくなられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますと共に、 被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 被災者の 方々への救援が一刻も早...
more >>

大人は、グレイを着る。

2016年04月21日

ビジネス・シーンで使い勝手のいいグレイ・ウーステッド(平織り/メリノウール100%)。お求めになりやすい得価の オリジナル服地を充実させております。チャコール・グレ...
more >>

ポーラ服地のシーズンです。

2016年04月19日

すでに当店のお客さまならご承知のことでしょうが、「ポーラ服地」についてあえてご説明させていただきます。 毛糸に強い撚り(より)をかけることで、シワになりにくく、パリ...
more >>

春のオススメのタキシード。

2016年04月11日

春を迎えるとウエディングやパーティのシーズンが訪れます。フォーマル・ウエアをお仕立てになるお客さまも増えてまいります。 そんなシーズンのニーズにお応えするためにお得かつ...
more >>

春と秋に着るレインコート、できました。

2016年04月09日

かねてより企画しておりました春と秋に着るコート・アイテムが店頭に出揃いました。 季節の変わり目となる4月〜6月、9月〜11月の数ヶ月は 雨が多いシーズンでもありま...
more >>

バタク 新ドレープ・カットを着てみました。

2016年04月08日

当店オリジナルのドレープ・カットを改訂してから、お客さまのお問合せが増えております。 その内容は「以前のカットとどう違うのか?」「どこが良くなっているのか?」といったも...
more >>

スプリング・コート、近日入荷。

2016年04月04日

オリジナルのヴィンテージ・コットンを使用したスプリング・コート(春・秋用)が 店頭入荷いたします。サイズ、お色などの詳細は後日お知らせいたします。...
more >>

お客様のお仕立て例・春夏編

2016年03月27日

  この春にお客様からご注文をいただいたお品ができあがってまりましたので、 お仕立て例としてご紹介させていただきます。 ▼まずは、今年リニューアルしま...
more >>

熟成を重ねたシルク ニット・タイ、入荷。

2016年03月26日

バタクでは代官山で開業して以来、永きにわたってシルク ニット・タイをお取扱いしてきましたが、 その間、国産はもとよりイタリア製、ドイツ製、英国製などさまざまな工場に発注し...
more >>

GUEST Snap Vol.1 靴編

2016年03月25日

今回は大阪店に来店されるお客様ご愛用の靴にフォーカスをあててみました。 服同様にこだわりの逸品ばかりです。 やはり履き込んでいる風合いが素敵ですね。 撮影にご協力い...
more >>

レアです。シルク シャンタンのネクタイ。

2016年03月25日

シルク シャンタン地をご存知でしょうか。インドシルクの範疇に入れられているシルクですが、 その源流を辿ると中国は山東省(シャンタン)から生まれたという説があります。ムラの...
more >>

爽快、コットン・トラウザーズ。

2016年03月25日

コットン・トラウザーズのシーズンがやって来ました。春から夏のシーズンにかけてが旬のアイテムですね。 既製品では出せないテーラードならであの絶妙なフィットとシルエット...
more >>

シアサッカー&コードレーン、品揃え充実。

2016年03月24日

その通気性と熱交換性の高さから、春夏の服地の定番としてスーツやジャケットに多用されているのが シアサッアーとコードレーンです。春夏のオフウエアに最適な服地としてご要望が...
more >>

新色の「黒」を加えて、今年も“カリビアン・シャツ”です。

2016年03月24日

1950~60年代、英国の避寒地でもあった英領カリブ海の島々。 冬の寒さを避け、ここに別荘を持って暮らすライフ・スタイルが英国の富裕層の間でステイタスに なっていました...
more >>

長澤、スーツ仕立てたってよ

2016年03月17日

阪急メンズ大阪内で年齢詐称疑惑の噂が絶えない長澤 哲(実年齢27歳)が 新型ドレープカットでスーツを仕立てたと話題になっています。   ...
more >>

清流と自然が紡ぐ、最上級の着心地。

2016年03月16日

スイスの高級シャツ生地メーカー「アルモ」より、春の新柄が到着しました。 「アルモ」の工場がある場所は名峰アルプスの麓。雪解けの清流が流れる自然豊かな場所です。 シ...
more >>

シャツは外出着でもある。

2016年03月11日

クールビズの普及により、毎年、シャツをオーダーする方が増加しております。 かつてシャツは下着という位置づけでしたが、夏期においては外出着として ビジネスの現場で機...
more >>

コットンもショーンヘル式低速織機で織る。

2016年03月11日

例年ですと春夏のコットン服地と言えば、英国製をメインに品揃えをしておりましたが、 当店オリジナルのコットン地がベンチマークとした品質を満足できるようになったため ...
more >>

3月4日(金)営業時間変更のお知らせ

2016年03月02日

3月4日(金)はイベント開催の為、阪急メンズ大阪は18時で閉店いたします。 ご来店の際はくれぐれもご注意くださいませ。   ...
more >>

バンチ(服地見本帖)からオーダーしてみませんか(Standeven)。

2016年03月01日

各服地ミルやマーチャントが用意している多彩なコレクションから自由に選べる バンチオーダーも注文服づくりの楽しみのひとつです。当店では店頭在庫だけでなく、 バンチか...
more >>

バンチ(服地見本帖)からオーダーしてみませんか(CANONICO)。

2016年02月29日

いつもブログでご紹介する服地は店頭在庫が中心でした。店頭在庫は、当店が選んだ推奨品あるいは 掘り出しモノであると同時に早い納期という魅力があります。 一方で、各服...
more >>

バンチ(服地見本帖)からオーダーしてみませんか(Dugdale Brothers NEW)。

2016年02月29日

いつもブログでご紹介する服地は店頭在庫が中心でした。店頭在庫は、当店が選んだ推奨品あるいは 掘り出しモノであると同時に早い納期という魅力があります。 一方で、各服地ミル...
more >>

ビンテージ・クオリティをお得な価格で。(グレンチェック編)

2016年02月25日

引き続き、当店が尾州の老舗ミルに往年の低速織機で織らせているオリジナル服地のご紹介です。 今季は、オリジナル服地をさらに充実させ、二反のボリュームで注文しております...
more >>

ビンテージ・クオリティをお得な価格で。(ヘリンボーン編)

2016年02月25日

引き続き、当店が尾州の老舗ミルに往年の低速織機で織らせているオリジナル服地のご紹介です。 今季は、オリジナル服地をさらに充実させ、二反のボリュームで注文しております...
more >>

ビンテージ・クオリティをお得な価格で。(グレイ編)

2016年02月25日

引き続き、当店が尾州の老舗ミルに往年の低速織機で織らせているオリジナル服地のご紹介です。 今季は、オリジナル服地をさらに充実させ、二反のボリュームで注文しております。 ...
more >>

ビンテージ・クオリティをお得な価格で。(ストライプ編)

2016年02月25日

当店が尾州(愛知・岐阜一帯)の老舗ミルに往年の低速織機で織らせているオリジナル服地。 かつての英国製でしか得られなかったハリ、コシ、風合い、耐久性などを追求した ...
more >>

ビジネスにちょうどいい。

2016年02月25日

シャツはビジネス・ウエアの基軸となりつつあります。それというのも クール・ビズ(この言い方は好きではありませんが)で、一躍アウター・ウエアに躍り出たからです。 盛...
more >>

サマー・ツイードのボトムには・・。

2016年02月22日

先般、東京ニュース ブログで倉庫放出のご紹介いたしました旧「W.ビル」のサマー・ツイード服地(ストック品) について 多数のお問合せをいただきました。ありがとうございま...
more >>

オリジナル サファリ・ジャケット2016年モデル、発売。

2016年02月18日

今年もサファリ・ジャケットを着る季節が訪れようとしております。2015年に続き、2016年モデルも ミッドセンチュリー・スタイルのカット、ディテールはそのままに生地の変更...
more >>

新ドレープ・カット、川部が仕立ててみました。

2016年02月16日

根底から見直した新しい オリジナル・ドレープ カットを本店 店長の川部が ダブルブレストのブレザーで仕立ててみました。いかがでしょうか。 イングリッシュ ドレープ・スーツ...
more >>

今春夏もメッシュ、大量入荷。¥95,000から。

2016年02月13日

毎年恒例となりました盛夏にも対応できる、メッシュ地第一弾が店頭入荷しました。 お品は「テーラー&ロッジ」の〈スーパーフレッシュ〉という呼称のハイツイスト(強撚糸)服地で、...
more >>

NHKワールドニュースでbatakが取り上げられました。

2016年02月09日

NHKワールドニュースでbatak House Cut本店が取り上げられました。 Biz&TechのBusiness Wrap2月3日放送分。 6分55秒~に登...
more >>

新しく生まれ変わったオリジナル・ドレープカット。

2016年02月05日

この度、オリジナル・ドレープ カットを根本から創り変えました。 イングリッシュ ドレープ・スーツの美点である身体に沿うよう表れる服地の 「たわみ」、「うねり」、「...
more >>

私たちは「貴族の服」など着ない。

2016年01月31日

いろいろな業種や業態には、いわゆる「業界」という村社会が存在する。そこでは、同業者同士の共通の言語や常識が行き来し、共通の価値を作り上げている。そして、あうんの呼吸で...
more >>

春夏1点モノ、「ウエイン・シール」。

2016年01月26日

服地&既製服のグローバル・ブランド「スキャバル」に吸収された英「ウエイン・シール」。 サヴィルロウに拠点を持ち高級服地でその名を馳せたマーチャント(服地商)です...
more >>

魅惑のモヘア・ヘリンボーン

2016年01月24日

  ビンテージの「H.レッサー&サンズ」入荷しています。 春夏向けの服地です。     ...
more >>

思考停止じゃいられない。

2016年01月21日

13世紀に活動した英国の哲学者ロジャー・ベーコンはなかなかいいことを言っている。 「人間世界の諸悪の根源は無知に因るものであり、無知の根源は『権威崇拝』『習...
more >>

God Save the Suits Cloths 神よ、スーツ服地を救いたまえ。

2016年01月21日

近年、英国服地業界の近代化は著しい。イングランドに限らず、スコットランド、アウターヘブリティーズ諸島を含め、いずれのミル(織物工場)も最新鋭の織機やコンピュータ管理に...
more >>

伝統的、のワナ。

2016年01月21日

英国のみならず、アメリカやヨーロッパの製品や服装を語るときその修飾語として武器になるものに「伝統的な」というワードがある。歴史があり、長年変わらず同じ製法やモノづくり...
more >>

服装心理とはいかに。

2016年01月21日

昔から服装に関する人間の心理には、相反する2つの欲求が存在すると言われている。ひとつは「他人と同じものを着たくない」というもの。もうひとつは、「他人と同じでありたい」...
more >>

batak Blogs Archive
過去の記事はこちらから

年別


月別