batak Blogs Archives

batak Blog » 2016 » 1月の記事一覧

私たちは「貴族の服」など着ない。

2016年01月31日

いろいろな業種や業態には、いわゆる「業界」という村社会が存在する。そこでは、同業者同士の共通の言語や常識が行き来し、共通の価値を作り上げている。そして、あうんの呼吸で...
more >>

春夏1点モノ、「ウエイン・シール」。

2016年01月26日

服地&既製服のグローバル・ブランド「スキャバル」に吸収された英「ウエイン・シール」。 サヴィルロウに拠点を持ち高級服地でその名を馳せたマーチャント(服地商)です...
more >>

魅惑のモヘア・ヘリンボーン

2016年01月24日

  ビンテージの「H.レッサー&サンズ」入荷しています。 春夏向けの服地です。     ...
more >>

思考停止じゃいられない。

2016年01月21日

13世紀に活動した英国の哲学者ロジャー・ベーコンはなかなかいいことを言っている。 「人間世界の諸悪の根源は無知に因るものであり、無知の根源は『権威崇拝』『習...
more >>

God Save the Suits Cloths 神よ、スーツ服地を救いたまえ。

2016年01月21日

近年、英国服地業界の近代化は著しい。イングランドに限らず、スコットランド、アウターヘブリティーズ諸島を含め、いずれのミル(織物工場)も最新鋭の織機やコンピュータ管理に...
more >>

伝統的、のワナ。

2016年01月21日

英国のみならず、アメリカやヨーロッパの製品や服装を語るときその修飾語として武器になるものに「伝統的な」というワードがある。歴史があり、長年変わらず同じ製法やモノづくり...
more >>

服装心理とはいかに。

2016年01月21日

昔から服装に関する人間の心理には、相反する2つの欲求が存在すると言われている。ひとつは「他人と同じものを着たくない」というもの。もうひとつは、「他人と同じでありたい」...
more >>

英国に、英国調は存在せず。

2016年01月21日

かつてはあまりにも日常的過ぎて、英国人は自分たちが持つ歴史的なアーカイヴに価値を見出すことが苦手だった。 英国で暮らしていれば「英国調」なんて言葉があまり意味を持た...
more >>

ノー・マーケティング。

2016年01月21日

マーケターという職業がある。大雑把に言ってしまえば、市場の可能性を分析しながら、想定客層のニーズを汲み取った製品やサービスを適宜に投入し、大きな利益を稼ぎ出す仕事だ。...
more >>

日比谷モダーンズ。

2016年01月21日

写真は戦後の日比谷界隈。左の建物は震災復興期に建てられた「東京宝塚劇場」(以前は日比谷スカラ座)だ。バウハウス様式のデザインで、当時はモダーンな建物として人目を引いた...
more >>

引き算の、ビスポーク。

2016年01月21日

スーツのオーダーに際して旧い映画を参考にされる方は多い。たとえば、ここ15年くらいだが、抑制の効いた'60年代の映画に登場する簡素なスーツをオーダーされる方が目立つ。...
more >>

1953年、英京(ロンドン)事情。

2016年01月21日

‘50年代、日本ではまだテレビなどの情報メディアがほとんど発達していなかった。紳士服のスタイルに関する情報源は、洋画ぐらいしかなかった時代である。専門家であるテーラー...
more >>

日比谷には、「羅紗屋」がある。

2016年01月21日

60歳代以上のシニアなら「羅紗屋」という言葉に聞き覚えのある方もいらっしゃるのではないか。読みは「らしゃや」。戦前・戦後を通じて日本国内で注文服が隆盛をきわめた時代に、そ...
more >>

ただいま検品中!

2016年01月17日

本日春物服地入荷につき、只今検品中でございます。 すべて、ホーランド&シェリー、ドーメル、W.ハルステッド、ウエインシール等のヴィンテージ服地。 現行品とは違...
more >>

イタリアンも、なかなかです。

2016年01月14日

当店では尾州製オリジナルおよび英国服地を中心に展開しておりますが、イタリア製の服地もご要望に応じて 取り揃えております。往年の英国系服地のようなハリやコシはありませんが...
more >>

春は、ブラウンが新しい。

2016年01月14日

ブラウンのスーツ地はなぜかネイビーやグレイに比べ敬遠されがちです。 英国が世界標準とは申し上げませんが、彼の地では非常にポピュラーな色として流通しています。 ...
more >>

「スタンド・イーヴン」、おトクなバンチオーダー。

2016年01月14日

昨年、店頭在庫服地として英「スタンド・イーヴン」をご提供させていただいたところ、 あっと言う間にご注文が殺到し、即座に完売してしまいました。 品質はもちろん、...
more >>

サンプル クリアランス情報。

2016年01月13日

昨年お伝えしました「仕立てサンプル」のクリアランス情報アーカイヴがすべて 消失してしまいましたので、再度お伝えいたします。 サンプルの仕立てはすべてハウスカッ...
more >>

コートのサンプル・クリアランス。

2016年01月12日

オーダーコートの採寸用サンプルを処分いたします。英「ハリソンズ」のフランネル地で(540g) 仕立てたチェスター・コートは、30サイズ〜48サイズをクリアランス。 同...
more >>

コスパとはこのことです。

2016年01月12日

ご好評をいただいております「バタク オリジナル服地(バタク クロス)」。もう何度も申し上げますが 尾州(愛知・岐阜地域)の老舗ミルに旧式低速織機で織らせたヴィンテージ・ク...
more >>

春の、お買いドク英国服地。

2016年01月12日

新春の訪れとともに、もう春夏のスーツやジャケットが気になります。 というのも、ビスポーク・スタイルドで仕立てると本格的な暖かさが訪れる頃に仕立て上がる寸法だからです。 さ...
more >>

新春にオススメ、春のオリジナル服地。

2016年01月12日

春先をターゲットに300g(10オンス)のバタク・オリジナルの服地が勢揃い。 最高級メリノウール100%、細番手のスーパー100’s。 尾州(愛知・岐阜地域)の老舗ミ...
more >>

batak Blogs Archive
過去の記事はこちらから

年別


月別