batak Blogs Archives

batak Blog » 2017 » 1月の記事一覧

オールマイティなコートとは。

2017年01月29日

近年、当店では夏以外の3シーズン着用可能なスーツの受注数が増えております。夏はスーツを着ない、または冬でも暖房設備が充実しているため、ヘビーウエイトの服地でスーツをお考え...
more >>

ちょっと気取ってみませんか。

2017年01月26日

皆さんは春らしさをスーツで表現するならば、どういう色柄を使われますか? 肌を刺す厳しい寒さが続くなかで難しいご質問かもしれませんが・・・(苦笑) 今回は大阪店より春に最適...
more >>

3月の春先からちょうどいい。

2017年01月25日

1月〜2月と寒さはいよいよピークを迎えるためか、コートが手放せません。今年の寒気は強者でどうしたものかと溜息しきり。暖房費もバカになりません。が、この寒さ、いつまでも続く...
more >>

シェットランド諸島の民芸ニット。

2017年01月24日

カントリー・ウエアの組み合わせ用アイテムとして、英「ジャミーソンズ」のニット・ウエアを店頭販売しております。ツイードなどのオーダーを承る際にお客様から「何か合わせるニット...
more >>

春のスカーフ、あります。

2017年01月22日

英国でハンドプリントのシルク製品といえば、当店でお馴染みの「デビッド・エバンス」。同社の傘下となって営業しているのが、英「アダムリー」。ですのでブランド名は「アダムリー」...
more >>

レアなカシミア混コットンで、春服を仕立てる。

2017年01月20日

来たる2月、当店で特別注文していた服地が東京・大阪・福岡全店に入荷いたします。非常に珍しいもので、英国やイタリアのマーチャントおよびミルでも、取扱いが少ない服地となります...
more >>

アイビーの、功罪。

2017年01月16日

日本の男性洋服の骨組みを作り上げたという意味で、アイビー・ルックが果たした役割は絶大なるものがあります。いまだに、その骨組みは継承され、揺るぎない世界観を持ち続けていると...
more >>

大阪店より、お仕立て上がりのご紹介。

2017年01月13日

関西地方もすっかり冬本番に入り、今朝も白息をこぼしながらの通勤となりました。大阪店にはそんな寒さを物ともしない、クラシックなオーバー・コートが仕上がって参りました。 ...
more >>

不易流行とは?

2017年01月12日

先日、あるお客様が久しぶりにご来店されスーツをご注文されました。その時の会話です。私「以前にお作りいただいた時から型紙が若干変わりましたので、採寸・補正を一から見直します...
more >>

紳士の首元に、華やぎある装いを。

2017年01月09日

12月から年始にかけて、大阪店ではアクセサリー類をお求めの方が目立って増えております。その中でも皆様からご好評を頂いておりますのが、アスコット・タイです。 ...
more >>

早く言いたい、仕立て屋あるある。

2017年01月08日

今年のお正月は天候に恵まれ、あまり記憶にないくらい穏やかで温かい正月三が日でしたね。皆様はどのようなお正月を過ごされたでしょうか。私はこの年末年始、夜中に80年代の洋楽を...
more >>

シャツオーダーも、お忘れなく。

2017年01月05日

当店のシャツ・オーダーには3種のバリエーションがございます。¥14,000(税別)からの「ハウス・カット」、¥16,000(税別)からの「ハウス・カット マスター」、¥2...
more >>

英国製毛織物は、なぜ「ハダーズフィールド」なのか?

2017年01月03日

「テイラー & ロッジ(1883年創業)」も、「スミス・ウーレンズ(1827年創業)」も、「ボアー・ローバック(1899年創業)」も、「マーティン サンズ&カンパニー」も...
more >>

バルカラー・コート、パターン・オーダー締め切り1月20日まで。

2017年01月02日

コートの中でも何かと出番が多く、機能・防寒面でもユースフルなのが、コットン製のアイテムです。その代表的なモノと言えば、〈バルカラー・コート(日本語通称 ステンカラー)〉。...
more >>

batak Blogs Archive
過去の記事はこちらから

年別


月別