batak information blog

「バタク・クロス」、今度は究極のモヘアです。

2017年05月22日

高混率のモヘア(アンゴラ山羊の毛織物)・ウール地は、仏「ドーメル」社の〈トニック®〉が有名ですが、オリジナルが発売された当時の品質は実に素晴らしいものでした。ヴィンテージのデッド・ストックを手に取る度に圧倒され、「フライヤー紡績」という手間と時間のかかる低速紡績システムによって製糸されていたモヘア毛糸のクオリティを、何とかこの手で再現できないものかと常々考えておりました。ようやく今回、バタクと尾州のミル(織物工場)でデッド・ストックの服地を分析・研究し、非常に満足のゆくモヘア・ウール地をリプロダクトすることに成功しました。

世界でも尾州にしか残っていない「フライヤー紡績機」(注1)で紡いだ希少なモヘア糸(最高級の南アフリカ産)を使用。素材感はもちろん、通気性、タッチ、シワ再現性などいずれを取ってもベンチマークとした1950年代のドーメル〈スーパーブリオ®〉に勝とも劣らない究極のモヘア地を再生。モヘア35%・メリノウール65%の高混率のモヘア・ウール地を、ションヘル式低速織機を使って織り上げました。

春~夏場のスーツにはメッシュ地とこのモヘア混服地が暑さをしのぐベストチョイスだと考えております。仕立て映えも申し分ありません。お色はミッドナイト。ビジネスだけでなく、礼服にもご利用いただけます。全店でお取扱いいたします。

(注1)英国や海外で販売されている「フライヤー紡績」によるモヘア糸は、すべて日本の尾州が請け負っております。今や「フライヤー紡績」の生産設備があるのは日本だけとなりました。

ハウス・カット2ピーススーツお仕立て ¥110,000

ハウス・カット マスター2ピーススーツお仕立て¥126,000

ビスポーク・スタイルド2ピーススーツお仕立て¥190,000

※価格表示はすべて税別です。

※ビスポーク・スタイルドでのご注文は初回のみ仮縫い代別途となります。

ミッドナイト 「バタク・クロス」モヘア混ウール 290g