batak information blog

夏の日の雑感。

2017年08月11日

先日、仕事終わりに食事に行った時の話。満席の店内を見渡すとジャケットを着てネクタイを締めているのはなんと私一人だけ。時代は変わったんだな、と改めて思った夏の夜ですが、いろんな意味で昔と現在の「夏」の違いを感じることが増えてきました。歳(とし)をとったせいかもしれませんが、昔の夏には風情を感じたものです。例えば、夕立ち。夏のけだるさと一服の清涼感が相まって何とも言えない心地よさを感じた夏の夕立ち。若い頃はずぶ濡れになったこともありましたが、不思議と嫌悪感はありませんでした。濡れても夏だから許せるみたいな(笑)。ヘンな話ですが「雨宿り」って好きなんですよ、なんとなくドラマチックな予感がして(笑)。と、文学的な妄想をしてしまうのは、学生時代に夏目漱石の世界観に憧れたからに違いありません。

 

 

先月、レベッカの復活ライブ(大阪フェスティバルホール)に行ってきました。レベッカは無名の頃から大好きなバンドだったので、福岡に住んでいた頃は何回もライブに行きました。今回は実に28年振りとなるライブ。NOKKOに絶頂期の声量は期待していませんでしたが、それでも今現在の最高のレヴェルまで仕上げてきたのは流石でした。懐かしいナンバーの連続に当時を思い出して何度もうるっときてしまいました。それと同時に約30年という時間の経過に自分の人生を重ね合わせて非常に感慨深いものがありました。いろいろなことがあったけど「自分は幸せだなぁ」と改めて気付かされたレベッカのライブでした。

 

 

さて、大阪店の近況ですが、夏用スーツの駆け込みのご注文が目立っています。実際、近年の気象状況を考えると10月中旬まで暑い日が続きますので、今から仕立てても十分着用する機会はあるのです。また、秋のブライダル・シーズンに向けて下見のお客様が増えています。新郎のお客様、列席されるお客様が口を揃えて仰るのは「ちゃんとした正装で臨みたいんだけど、いろいろお店を見て回っていたら何が正装なのか分からなくなって、、、」とお困りのご様子。最近のフォーマル・ウェアもファッション化されてしまい、本来あるべき正装スタイルが正しく継承されていない紛い物が堂々と氾濫している始末。これではお客様も「???」です。正装とは正式な服装のことです。正式な服装を理解して継承しているのがバタクの正装なのです。誰もが必要とするフォーマル・スーツです。まだお持ちでないお客様、そろそろ新調をお考えのお客様はぜひ一度ご相談ください。(大阪店 工藤)

 

batak Blogs Archive
過去の記事はこちらから

年別


月別