batak information blog

「バタク・クロス」、夏を乗り切る実用性。

2018年06月19日

盛夏にスーツを着る。クールビズが定着したとは言え、多くのビジネスマンにとって切り抜けなければならないテーマのひとつです。そこで、スーツ服地選びのポイントをご提示したいと思います。まず、当たり前ですが軽量であること。200g台の服地がメインですが、軽ければいいかというとそうではありません。スーツとしての仕立て映えや耐久性を考慮する必要があります。芯のシッカリした打ち込みのいいもの。旧来の低速織機で織られたものなどが考えられます。ただし打ち込みがいいと、そのトレードオフとして通気性の悪さが露呈してきます。これを解決するのが良質な糸。高質なメリノウールを、これも旧来の紡績方法で紡いだ糸などが俎上(そじょう)に昇ります。たとえば、「バタク・クロス」。2ピースお仕立てが¥68,000(税別)〜という値付けですので、予算優先でオーダーされる方のロープライスな服地と思いきや、決してそうではありません。ウィーブは低速、手間の掛かる紡績。旧来の英国製に匹敵する品質レベルをクリアしています。着用してみると軽く涼やかでありながら、ビジネススーツに求められるパリっとした芯の強い風合いに安心感を覚えることでしょう。「バタク・クロス」。暑い夏を乗り切る実用性の高いスーツをお仕立ていただけます。

「バタク・クロス」。ネイビー ウーステッド  90sメリノウール235g

ハウス・カット  2ピーススーツお仕立て¥90,000

ビスポーク・スタイルド 2ピーススーツお仕立て¥180,000

「バタク・クロス」。チャコールグレイ 90s メリノウール235g

ハウス・カット  2ピーススーツお仕立て¥90,000

ビスポーク・スタイルド 2ピーススーツお仕立て¥180,000

「バタク・クロス」。チャコール・グレイ ピンストライプ 90s メリノウール235g

ハウス・カット  2ピーススーツお仕立て¥90,000

ビスポーク・スタイルド 2ピーススーツお仕立て¥180,000

「バタク・クロス」。ブルーのピンヘッド 90s メリノウール235g

ハウス・カット  2ピーススーツお仕立て¥90,000

ビスポーク・スタイルド 2ピーススーツお仕立て¥180,000

batak Blogs Archive
過去の記事はこちらから

年別


月別