batak Blogs Archives

batak Blog » 2018 » 8月の記事一覧

教えて!batak ディナージャケット研究所。

2018年08月19日

あなたにふさわしいスタイルは・・・。一口にディナージャケットと言っても、ラペル(襟型)の違いにより大別して3つの基本スタイルがあることはご存知ですね。まずは襟型が丸いショ...
more >>

同じ生産地でも、品質の特徴が違う。

2018年08月18日

ひと口にミル(織物工場)と言っても、同じハダーズフィールドという狭い地域にあって、それぞれ際立つ特徴があるからいやはや不思議です。数百メートルと離れていない工場社屋に同時...
more >>

フォーマルである。グレイである。

2018年08月17日

ブラック・スーツに白いネクタイ。さすがに少なくなりました、この出で立ちの方(汗)。ではどうしているのか。いろいろな工夫をしているようですが、フォーマルという観点から言えば...
more >>

英国かぶれのイタリア人。

2018年08月17日

かつてロンドンのメイフェアに新興勢力のテーラーが林立しましたが、その多くはイタリアン・インフルエンスのカットを得意としていました。逆にイタリアには英国志向の服地マーチャン...
more >>

男は少々地味がいい。

2018年08月15日

こんにちわ、日比谷店の長澤です。今日は久しぶりにジャケット・スタイルで出勤しました。ちなみに私が着用しております上着は、ネイビーのフレスコ®で仕立てた〈バタク・サック〉の...
more >>

厚手のコートが素敵です。

2018年08月15日

重く厚いコート、たとえば当店で展開しておりますクラシック・ラグランなどの野趣あふれる雰囲気は独特なものがあります。さて、7月に開始した「クラシックラグラン・コート20着限...
more >>

35℃を超えたら、コートを注文しよう。

2018年08月14日

今年の夏は異常高温だと言いますが、もうすぐ秋です。黙っていても、冬です。そして、異常寒波だと人は騒ぎ立て、それでも毎日文句を言いながら颯爽と仕事場へ向かいます。酷暑の夏に...
more >>

生地ではなく、服地と呼びたい。

2018年08月13日

台所の布巾(ふきん)も、お掃除の雑巾も、汗を拭く手ぬぐいも、その布地を私たちは「生地」と呼んでいます。英語で言うなら、「ファブリック/Fabric」。アメリカでは紳士服を...
more >>

なぜ、ネクタイで印象は変わるのか。

2018年08月12日

「バタク・クロス」で仕立てた同じブルーのピンヘッド(235g)。こう見えて¥110,000(税別)で仕立て上がる3ピース・スーツですが、それはともかく、注目してほしいのは...
more >>

日比谷限定。~80年代からの贈り物~。

2018年08月09日

今回は英国屈指の高級服地メーカー「H.レッサー&サンズ」の貴重なヴィンテージ品をご紹介いたします。 グレイベースのグレンチェック柄に控え目な赤のオーバーペイ...
more >>

夏期休業日のお知らせ/batak日比谷店・batak House Cut本店

2018年08月08日

時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のお引き立てにあずかり、御礼申し上げます。 さて、8月の夏期営業についてお知らせいたします。...
more >>

盛夏の服地に要注意。

2018年08月06日

英国等ではトロピカル(熱帯)と名乗る盛夏用服地でも、ご当地の気候ゆえに重くシッカリしたものが常識です。日本で言えば秋物に分類されるようなお品がメイン。したがって、盛夏のデ...
more >>

ラスト1着!お買い得な、バーズアイ。

2018年08月03日

今回は、英「バウワー・ローバック」のお買い得品をご紹介いたします。ご覧の通り、耳には「バタク」のネームが入っております。そう、こちらは紛れもなく当店オリジナルの服地(別注...
more >>

batak Blogs Archive
過去の記事はこちらから

年別


月別