batak Colmun

batak Column (batak Column Available in Japanese.)

私たちは「貴族の服」など着ない。

2016年01月31日

いろいろな業種や業態には、いわゆる「業界」という村社会が存在する。そこでは、同業者同士の共通の言語や常識が行き来し、共通の価値を作り上げている。そして、あうんの呼吸で...
more >>

思考停止じゃいられない。

2016年01月21日

13世紀に活動した英国の哲学者ロジャー・ベーコンはなかなかいいことを言っている。 「人間世界の諸悪の根源は無知に因るものであり、無知の根源は『権威崇拝』『習...
more >>

コンプレックスが、紳士をつくる。

2016年01月21日

  紳士をあえて英語で解釈するならば、それは「ジェントルマン」ということになる。そもそも「ジェントルマン」とは貴族の次に位置する不労地主層ジェント...
more >>

常に革新的であること、非常識であること。

2016年01月21日

  低迷していて勢いがない業種・業態、オーヴァー・ストアで四苦八苦している商売や生業、かつては飛ぶ鳥を落とす勢いだったが長らく業績が落ち込み低迷している業...
more >>

God Save the Suits Cloths 神よ、スーツ服地を救いたまえ。

2016年01月21日

近年、英国服地業界の近代化は著しい。イングランドに限らず、スコットランド、アウターヘブリティーズ諸島を含め、いずれのミル(織物工場)も最新鋭の織機やコンピュータ管理に...
more >>

伝統的、のワナ。

2016年01月21日

英国のみならず、アメリカやヨーロッパの製品や服装を語るときその修飾語として武器になるものに「伝統的な」というワードがある。歴史があり、長年変わらず同じ製法やモノづくり...
more >>

服装心理とはいかに。

2016年01月21日

昔から服装に関する人間の心理には、相反する2つの欲求が存在すると言われている。ひとつは「他人と同じものを着たくない」というもの。もうひとつは、「他人と同じでありたい」...
more >>

英国に、英国調は存在せず。

2016年01月21日

かつてはあまりにも日常的過ぎて、英国人は自分たちが持つ歴史的なアーカイヴに価値を見出すことが苦手だった。 英国で暮らしていれば「英国調」なんて言葉があまり意味を持た...
more >>

ノー・マーケティング。

2016年01月21日

マーケターという職業がある。大雑把に言ってしまえば、市場の可能性を分析しながら、想定客層のニーズを汲み取った製品やサービスを適宜に投入し、大きな利益を稼ぎ出す仕事だ。...
more >>

日比谷モダーンズ。

2016年01月21日

写真は戦後の日比谷界隈。左の建物は震災復興期に建てられた「東京宝塚劇場」(以前は日比谷スカラ座)だ。バウハウス様式のデザインで、当時はモダーンな建物として人目を引いた...
more >>