batak

batak

ウエディング・フォーマルには、ディレクターズ・スーツを。

息子や娘の挙式(披露宴を含む)には何を着ようか――。バタクの常連様、それも創業以来ご贔屓になっているお客様の中には、そんな悩みをお持ちの方がけっこういらっしゃいます。そこでフォーマルの頂点でもあるモーニングやテイルコート(燕尾服)をオススメすると、他の機会でも着られる汎用性のあるフォーマル・ウエアを希望される方が少なくありません。それならばとタキシードをご提案すると、新郎とカブってしまいがちですし、着用の時間が夜宴に限定されることも気になるとおっしゃいます。葬祭のイメージが強いブラック・スーツは最初から選択肢になく、すでにお持ちなのであえて誂えるのももったいない、と。このようなウエディング・フォーマルで迷われているお客様にオススメしているが、オッドベスト+ディレクターズ・スーツの組み合わせです。ブラックのジャケットに、縞のコール・トラウザーズ。そしてグレイ系のオッドベスト。レギュラーカラーのホワイトシャツにシルバーかグレイ系のシルクタイを合わせます。いかがでしょうか。お持ちのブラック・スーツから上着だけを拝借し、それにコール・トラウザーズとオッドベストを合わせるだけでフォーマル度の高い、いろいろなシーンでも着られる礼装が出来上がります。もちろん、一式すべてをお仕立てになるのがベストですが、お手持ちのブラック・スーツからジャケットを転用することでコストパフォーマンスにも優れたご注文が可能になります。ちなみに、ジャケットの服地にはバラシアかタキシードクロスが適当かと思われます。

©2003 Nobel Note inc. All rights Reserved.
当ホームページに掲載している文章・写真について無断転載を禁じます。

Bespoke Tailor batak.